犬が西向きゃ尾は東 ~つれづれ日記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ドライブ in 阿蘇ミルクロード

先月末近くから、何やら身辺、家ともに慌しく、仏事やら色々あり、特に何をした訳でもないけど疲れが出た。ゆっくりPCに向かうのも久しぶりだなぁ…と思いながらメールをチェックしたり、データの整理をしたり。立ち上げて、メールを開いたら100通以上の受信が…受信が終わるまでが長い長い!「まだあるの!?」って位待たされた。なのにその中でも確認すべきメールはわずか数通。ほとんど営業メールだった。

そんなこんなでやっといつもの日常に戻り、今日は天の受診で動物病院へ行った。レミーも連れて行き、診察とフィラリアの薬をもらった。レミーは予防接種もしてもらった。帰りの道すがら、緑の濃い季節になったなぁ…と思いながら車を走らせていた。ふと阿蘇の景色が見たくなり行き先変更。途中のコンビニで昼食を買い、いざミルクロードへ!

街の景色も嫌いではないけれど、昔から何となく阿蘇の牧野(ぼくや)風景が好き。春は野焼きで一面焼け野原、夏にかけて青々とした牧草が一面広がり風に吹かれて波打って、山も青く見える。秋から冬にかけてはススキが多く見え、牧草も枯れだすけど日の当たり方によって金色に見える。何となく自然の強さというか、阿蘇って雄大な景色が多いなぁ、と感じる。
CIMG1379[1]

↑阿蘇の牧野に放牧中の牛達。のんびり草を食んだり、ごろごろしたり。平和だなぁ。 [“ドライブ in 阿蘇ミルクロード”の続きを読む]
このページのトップへ

珍客現る

休みの日の朝、庭の草木を手入れしていたら、妙な生き物を発見。子供の頃図鑑で見た事あるけど、名前が思い出せなかった。枝を切ろうとして近づいたら手元で動いたのでちょっと驚いた。
しばらくヤマボウシの枝木をウロウロしていたけど気が付いたら居なかった。最後まで名前を思い出せず、何だか胸の辺りがモヤモヤしたけどまあ良いか、と気を取り直し作業を続けた。あの虫、何だったかなぁ~…
CIMG1280[1]
このページのトップへ

田植え

今日は天気も良く、休日の朝なのにすっきりと目覚めも良かったので、朝から活動開始。と言っても、私以外の家族はとっくに活動していた。母と爺ちゃんは、自宅の裏山から鬼のように筍を取ってきて、ガレージでせっせと皮むきに勤しんでいた。犬達も朝の運動は終わってまったりムード。父は数日前から田んぼ仕事で、いよいよ本日は田植え。我が家の一年分のお米が作られる。新米の時期が早くも楽しみな気分。田植えの様子を見ながら、私は庭の雑草取りに励む事にした。

作業をしてるとあっと言う間に昼過ぎになった。途中、取った雑草の中から引き倒されていたライラック二号が発見された…。(一号は白花。二号は赤花。)「何てこったい!」と、慌ててレスキュー。すぐに植え替え、枝木の様子をチェック。枝葉の間に黒っぽいような、グレーっぽいような毛が複数。さらに濃い茶色の毛も…。擦った様な歯型も残っていて確信した。「犯人はアイツ(天、1歳。コリー♂)だ!!」当の本人(本犬?)はガレージで優等生の様な姿勢でお座りし、「僕に何か?」と言うように小首を傾げていた。なかなか油断大敵だ。まあ幸いライラック二号は、何とか一命を取り留めそうだし、現場を押さえて叱らないと意味も無いし…と諦めることにした。その後は野菜の苗の植え込みやプランター内の雑草駆除、庭掃除などして過ごした。昼食は勿論、母達が取ってきた筍を食べた。新鮮で風味も良かったけど、量的に数日は筍料理が続きそうな予感…。そして母は兄弟妹宅にも筍を送るそうだ…。ってな訳で、ヨロシクね。兄弟姉妹の皆様。

CIMG1270[1]

↑奥の二反は犬達の運動場にもなっていた田んぼたち。美味しいお米が出来ますように!結局一日中父は田植えをしていた。お疲れ様です。いつもありがとう。
このページのトップへ

先帝祭にて

今日でGWも終わり。各地で帰省ラッシュというニュースが流れている。
今回は大型連休だったのでどこも人出が多かっただろうと思う。今回、下関の先帝祭も人が多かった。妹一家とお義母さんも来てくれて皆で楽しく過ごせた。暑さも大変で結構参ったけど、ちびっ子達は元気にしていた。妹の旦那さんも久しぶりに会ったけど、元気そうだったので安心した。
写真 129
↑祭りの途中。暑かったので皆でアイスを食べた。姉弟仲良くアイスを食べていた。時々ソフトクリームを持ってウロウロ。

写真 161

↑明日は予防接種、フィラリアの薬を貰うため動物病院へ。昼から2頭まとめてシャンプー。2頭ともお風呂は好きなようで子供用の沐浴槽でおとなしく浸かっていた。でも2頭まとめ洗い&ドライは大変。終わったら私も汗まみれ、毛まみれ…。そのまま入浴してさっぱり湯上りの冷たいビールが美味しかった…。夕食は爺ちゃんがテレビを見ていて「蕎麦食いたい。」という事で外食になった。
このページのトップへ

先帝祭・其の二

3日。先帝祭二日目。夜中に蚊の襲撃に悩まされたけど、ホテルで朝食を済ませ唐戸商店街へ。
この日は妹一家も合流し、一緒に観光。赤間神宮で上臈参拝を行う花魁達が披露も兼ね、道中を行うらしく見学へ。花魁役に選ばれたのは舞踊で名取になった方達。上臈参拝で外八文字という独特の歩き方を習得する為、1ヶ月に渡る練習をしたそうだ。衣装だけで16kg程。その甲斐あってか、皆すごく艶やかだった。其々の花魁の髪型、衣装や小物類は華やかで、日本の伝統文化、技術の素晴らしさを堪能できた。花魁は5人。振袖太夫から、2番、3番…5人目の傘留太夫まで。一人の太夫に6、7人役に就いた付き人が付き従う。皆とても綺麗だった。
CIMG1148[1]
↓は源平船合戦で御座舟に乗った安徳天皇と二位の尼方。小さな子供が扮していたけど、本物の安徳帝も入水した時は小学1年生くらいの幼帝。当時の時代の厳しさを感じ、考えさせられた。
CIMG1159[1]
↓赤間神宮の上臈参拝。壇ノ浦合戦後、生き残った女官達が細々とした生活の中、安徳帝の命日には威儀を正して、亡き帝の御影に香華を手向けていた。女官達の絶えた後、江戸時代に入って出来た遊郭の女主人がそんな女官達の思いを受け継ぎ、お抱えの遊女達に参拝を続けさせたのが謂れとか…。今でこそ女性も職を持ち活躍できるようになってきたけど、当時の宮仕えしかした事のない彼女達が生きていくために選んだ道の途上には、言うに言われない苦労もあったんだろうな、と想像しながら華やかな催しを眺めていた。凄く人が多くて、太夫一人の参拝毎に神宮境内内は見学者を入れ替えていた。CIMG1185[1]
その後は源平武者行列。平家方が先にパレードしたらしいが、丁度店で唐戸バーガーを買い求めていた最中で見られなかった。妹曰く、「馬とかも出てて凄い迫力があったよ。」との事。しょうがない事だけど、扮している方々はほとんど実際の武将達の当時の年齢からしたら上の方が多かった。
↓最後の催し物はメイン会場ステージでの上臈道中と、禿(かむろ)や女官、お付の姫君たちの優雅な舞を見ながらフィナーレ。凄く綺麗で上手に踊っていた。CIMG1219[1]
一日通して見たのは初めてだったけど、上手く時間や催し物の内容、微妙な時間差を設けたりで飽きさせないように考えられてるな、と感じた。途中暑さと疲れもあり、木陰でゴロ寝したりもした。海風と木陰の爽やかな涼しさが気持ちよかった。妹達は自由なちびっ子達のお守りが大変そうだった。そして帰ってきて驚いた。日焼け止めを塗っていたけど、ほとんど役には立っていなかった。オゾン層の破壊も徐々に進んでいるんだなと地球環境の事まで考る事ができた今回の旅。でも楽しかったので良しとした。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

やまと

Author:やまと
日々の生活で関心のあった事、趣味の事など気ままに書いてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

BLUE TICK

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。